Archive for: 2月 20th, 2015

安倍首相も「口だけ番長」?
『山田厚史の地球は丸くない』第40回

2月 20日 2015年 経済

LINEで送る
Pocket

山田厚史(やまだ・あつし)

 ジャーナリスト。元朝日新聞編集委員。「ニュース屋台村」編集主幹。

『晋三よ!国滅ぼしたもうことなかれ~傘張り浪人決起する~』(エディスタ)という本を書いた衆議院議員の亀井静香さん(78)に会いに行った。晋三とは、安倍晋三首相である。

 「俺の知っている晋三は確かに『美しい国』をつくりたかったはずだ。しかし、まったく逆の方向に進んでいる。いまの日本は本当に『美しい国』ではなくなりつつある」と嘆く。
記事全文>>

コメント

縁の切れ目になりかねない危険な「名義貸し」
『実録!トラブルシューティング』第6回

2月 20日 2015年 経済

LINEで送る
Pocket

東洋ビジネスサービス

1977年よりタイを拠点として、日本の政府機関の後方支援に携わる。現在は民間企業への支援も展開、日本とタイの懸け橋として両国の発展に貢献することを使命としている。

今回は、数ある合弁会社設立にからむトラブルの中でも代表的とも言える「名義貸し」にまつわるトラブルをご紹介します。タイでは外国人事業法により、外国人や外国企業が過半数を所有する企業、いわゆる外資企業の事業が規制されています。そのため、会社の設立登記時に、従業員や取引先のタイ企業関係者などが株主として資本参加をするケースがあります。その中でも書類上では株主となっていながら、実際には日本側で資本金を準備することを「名義貸し」と呼びます。今回のトラブルの主役は、手続き上の名義貸し株主が本当の株主になってしまったCさんです。

会社の設立時に、A社長からきちんと事情を説明された上で、名義貸しとして名前だけの株主になることを快諾したはずのCさんですが、20年経って成長した会社を見て気が変わってしまったようです。
記事全文>>

コメント

人を幸せにするコミュニケーション
『ジャーナリスティックなやさしい未来』第38回

2月 20日 2015年 社会

LINEで送る
Pocket

引地達也(ひきち・たつや)

 コミュニケーション基礎研究会代表。毎日新聞記者、ドイツ留学後、共同通信社記者、外信部、ソウル特派員など。退社後、経営コンサルタント、外務省の公益法人理事兼事務局長などを経て、株式会社LVP等設立。東日本大震災直後から「小さな避難所と集落をまわるボランティア」を展開。

◆不幸せは自殺で

 前回、「人を幸せにするコミュニケーション、人を大切にするコミュニケーション、人を思いやるコミュニケーション、人を助けるコミュニケーション、人を守るコミュニケーション、人を活かすコミュニケーション、人を育むコミュニケーション、人が生きるコミュニケーション」はそれぞれで「人を」から「自分を」に置き換えて考え、その各論を展開していくと書いた。

そして、今回から書こうと、最初の「幸せにする」コミュニケーションについて考えたが、その基本である「幸せ」についての説明は難しい。幸せの概念が固定できず、幸せは主観によって変わるから、幸せとは何か、と問われた時、欲望を満たすこと、と言えるかもしれないし、もっと大事な答えがあるかもしれないから、その先で彷徨(さまよ)ってしまう。
記事全文>>

コメント

アニメブームの波に乗れ!
『トラーリのいまどきタイランド』第7回

2月 20日 2015年 文化

LINEで送る
Pocket

トラーリ

寅年、北海道生まれ。1998年よりタイ在住。音楽やライブエンターテインメント事業にたずさわる。

タイでアニメチャンネル「TOONAMI(トゥーナミ)」が1月14日に開局した。「TOONAMI」とは、「CATOON NETWORK(カトゥーン・ネットワーク)」放送枠の一つで、アクション要素の強いアニメーションを中心に取り扱っているチャンネルである。「バッドマン」「スパイダーマン」などのアメリカンコミックス作品の放送が主体で、アジアではすでに香港、インドネシア、シンガポール、フィリピンに展開しており、ようやくタイにも上陸を果たした。

トゥーナミ立ち上げのきっかけとなったのは、「BOOMERANG(ブーメラン)」というアニメチャンネルである。ブーメランチャンネルは、2013年8月に放送が開始されたばかりで、タイ国内では若いチャンネルであるが、わずか1年半という短期間でありながら急速に人気を高め、タイ国内での認知度ナンバーワンのアニメチャンネルとなった。
記事全文>>

コメント